2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ご報告~妊娠から出産までの覚書~

妊娠期間中、沢山のご心配をおかけし、励ましを頂きまして有難うございます。

お蔭様で、先日の2月19日、3174gの元気な女の子を無事に出産する事ができましたので、ご報告させて頂きます!

本日、経過も順調で母子ともに退院の運びとなりました。

今回の妊娠・出産では、沢山の事を考え、経験したので、いずれ子供たちの目にも留まることがあるかな~という思いと、自分の今の思いを忘れないように、ちょっと残してみようと思います。

以下、長くなりますし、興味の無い方、ご不快に思われる方がおりましたら、どうぞ読み飛ばして下さい。





まずは、前回の妊娠から書かせて頂きます。

前回の出産は前期破水から始まったのですが、2日間誘発剤をかけて促進したのですが生まれず、帝王切開での出産でした。

「次の出産はどうしようかな?」と、その時から夫婦で話し合ってきました。

今回妊娠する前から散々悩んで、職場の諸先輩方にも相談し、妊娠後は職場でも沢山のアドバイスを頂き、不安をぶちまけ、産休に入る寸前まで悩みに悩んでおりました。

それはVBAC(前回帝王切開後の経膣分娩)を選択するという事についてです。

VBACは、帝王切開後から私の頭の中には常にあって、旦那にもそれこそ入院中から「次は~」と相談していました。

やはり、経膣分娩を経験したいという気持ち、何よりも家族に出産に立ち会って貰いたいという思いが強く、リスクがあることを承知で旦那に相談していたのです。

以前も書いたと思うのですが、旦那は研究オタクの気がありまして何でも納得のいくまで調べまくるのですが、今回は沢山調べたからこそ、その分長く悩んでいました。

そして、夫婦で決断したVBAC。

病院選びにも時間をかけて、ある一つの病院を選び、出産に臨みました。

選んだ基準は『緊急時にすぐ手術対応できる総合病院』、『家族の立会い』、『アクティブバース』、『母子同室』。

最初の2つは絶対条件として、その他はできれば…という感じ。

その結果、全ての条件を満たすのが『湘南鎌倉総合病院』で、そこに決めました!

こちらの

それでも最後までやはり不安は消えませんでしたが、不安を口にする私に、VBACを経験したある職場の先輩が「やるぞ!と強く気持ちを決めないと、成功しないよ」と、諌めて下さって、それから徐々に気持ちが固まっていったように思います。

妊娠中は、28週で鮮血があり、早めに療養休暇を頂き自宅安静。

トイレと入浴、食事という必要最低限しか動かない生活をし、普段から手抜き家事しかせず、ほぼ旦那がしていた家事・育児は、完全に旦那任せになりました。

それでも、仕事をした上でそれらの事を愚痴ひとつ言わずにニコニコとしてくれていた旦那には、本当に感謝しかありません

家族や職場の方の沢山の協力があり、34週を迎えた時にはホッとしました!

その後、VBACに向けてできる事をしようと、35週からマタニティ整体へ行ってみました。

行ったのは、病院から薦められた 日本妊産婦整体協会の整体です。

行った感想としては「行って良かったな~」です。

他はわかりませんが、私が行ったところは、1回5000円の固定料金で、施術は30分とありましたが毎回1時間はじっくりとしてくれました。

骨盤周りだけではなく、頭の先から足先までほぐされて、初回はもみ返しのような感じがあり痛かったですが、2回目以降はイタ気持ち良い感じで、その時の症状に合わせて施術してくれました。

あとは、自分でもできる事として、セサミオイルを使用した会陰マッサージと膣ピチュも35週から始めました。

37週以降は「早く生まれておくれ~」という気持ちでしたが、さすがに40週近くになると焦り始めました~。

また、途中喘息の再発や、40週で肋骨骨折ということもあり、運動が思うようにできず、「もうこのまま生まれないんじゃないか…。やはりこれは、帝王切開にするべきとの事なのか…」という気持ちも頭をよぎり…。

40週6日の妊婦健診の助産師外来で、「先生にどうしても卵膜剥離して欲しい

005_20160223230340d81.jpg
015_201602232303427f0.jpg
025.jpg


1日1クリック、応援頂けると励みになります
他の面白い着物ブログもこちらからご覧になれますので、どうぞ~
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 1970/01/01 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizutamaneko8787.blog.fc2.com/tb.php/98-17934670








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。