2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06







丸ぐけ作り、失敗しました…(泣)

題名の通り、失敗してしまったんです…。

まずは結果から見ていただきましょう
DSC_0798.jpg

このままだと、何が失敗か判りづらいと思うので、10円玉と比較。

さらに、結んでみました。
DSC_0800.jpg

そう、短い上に太いのです

どうしてこうなったこうなったかと言いますと、理由は3つ
①布をケチった
②ループ返しの使い方を間違った
③途中でおかしいと思っても、そのまま最後までしてしまう私の性格

まず①についてです。あ、言い忘れていましたが、帯揚げもセットで作りました。

丸ぐけ5×160(cm)、帯揚げ20×140(cm)いるのですが、今回購入した布(縮緬)は70cm幅で96円でしたので(10cm単位の販売です)、本来なら60cm購入しなければいけません。

しかし、布が少し余るのがもったいないように感じて、「まぁ、丸ぐけは140cmでも良いんでない」と考えて、50cmしか購入しませんでした…。

そして、届いた50cmの布を、帯揚げに使用する分として20(cm)×2を最初にカットしてしまったのです。

そう、布を購入した事がある方はご存知かと思いますが、お店で布は予備分として少し多めにカットされるもの。

なので、40cmカットした残りが10cmであるはずがなく…結果、短く太い丸ぐけとなりました

でも太さの異常に気付くタイミングはあったのですよ。

今回の丸ぐけ、中はこのダイソーで購入した超極太の毛糸を使用しました。
DSC_0850.jpg

中に詰める際に、この毛糸を1玉半も使用しました。

その時「これ、ちょっと太いかも…」と疑問に思いましたが、「まぁ、なるようになるか」と、そのまま詰め込んでしまいました。これが、失敗の原因の③です。

こんな変てこな丸ぐけですが、見た目に反して、作成にかなり時間がかかっております。その時間、なんと5時間

失敗の原因②、ループ返しの使用を間違ってしまいました。

今回使用したのは、このクロバーのループ返し
DSC_0851.jpg

適当に斜め読みして、「中芯を通す場合は…フムフム…」と、セロテープで隅を括ったまでは良いのですが、最初に書いてある方法で無理やり通してしまったのです。
rakugaki_20161215114124711 (2)
これで、貴重な土曜日の5時間を無駄にしてしまった…。しかし、1番の被害者は、5:30~10:30まで家事&子守を押し付けられていた旦那である事は間違いない。ごめんよ、旦那。

この間違いに気付いたのは、完成した後。そりゃあもう、どっと疲れが出ましたよ…。

しかし、そのままじゃあ何だか悔しいので、もちろんリベンジしました。

そして、完成したのがこちら
DSC_0801.jpg

20cmだけの購入でしたので、送料だけが2倍かかった事になります。あぁ、最初からケチケチしなければ良かった。

ループ返しも正しい方法で使用したところ、中芯を入れるのに5分もかからなかった事にさらに疲れが増しました。あの5時間は何だったのでしょうか。

今回はしっかりと5×160(cm)で作ったので、継ぎ目は2ヶ所になりましたが、使い心地が良さそうです。

上の毛糸も、5本(約1/2玉)で済みました。

なんだか、とっても損した気分…。

そして、簡単に作れる事に調子に乗った私、ついでにこんな丸ぐけも作成。

こちらは市松柄の縮緬の幅が大きかったので、継ぎ目は1ヶ所です。
DSC_0803.jpg

継ぎ目は帯の中に隠れるので、目立たず良い感じ。

早速使用してみたので、その記事は次回

さて、もうすぐクリスマス。

息子が保育園で『松ぼっくりツリー』を作成してきました。

「取れちゃうから、そ~っと持たないといけないんだよ」と、かなりソロソロ歩きで、大事に大事に持ち帰って来ました
DSC_0817.jpg

1日1クリック、応援頂けると嬉しいですっ
他の面白い着物ブログもこちらからご覧になれますので、どうぞ~
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2016/12/15 ] 手作り | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizutamaneko8787.blog.fc2.com/tb.php/150-93de3758