2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キャンピングカーで初旅行、東北編!~5日目、奥入瀬渓流と十和田湖、そして龍泉洞へ~

10月に入りましたが、まだ夏休み記事をチマチマと書いているのは、きっと私だけでしょう…。

相変わらず遅筆ですが、宜しければもう少しお付き合い下さいませ。



さて、キャンピングカーで東北旅行も後半、5日目となりました。

『道の駅 奥入瀬(おいらせ)』を4:00過ぎに出発し、この日は奥入瀬渓流から始まります。

辺りはまだ薄暗い5:00頃、奥入瀬渓流へ到着しました。
589.jpg

渓流にほぼ平行して道路があるので、車で回りやすかったです。

早い時間という事もあって、ゆっくりと見ることができました。

早朝、オススメ
595_201609300042447e3.jpg

本当は、名所全ての写真を載せたい所ですが、沢山あるので抜粋で。

こちらは『雲井の滝』
603.jpg

途中、橋を渡り…
612.jpg

『九段の滝』へ。
618.jpg

こちらは『銚子大滝』です。

さすが奥入瀬渓流、自然が美しい~
625.jpg

十和田湖の『休屋駐車場』へ。

ここは十和田湖駐車場の中で唯一有料ですが、十和田湖の観光拠点でお店も多く、遊覧船の『休屋~休屋(Bコース)』はここからしか乗れないので、利用する方は多いそう。

しかし、休屋の駐車場はとても広く、あまり満車にはならないとのことです。

他、『休屋~子の口(Aコース)』があり、1人が運転して『子の口』もしくは『休屋』へ行く事ができるのであれば、そのコースも良いかもしれません。

A・Bコース共、料金は1400円(小学生未満無料)。ちなみに、Aコースは往復しても2800円と倍額となり、往復割引は無いようです。

車内で浴衣に着替え、朝いちの8:45発に早速乗船
643.jpg

船上は、寒くも暑くもなく、調度よい感じ。
640.jpg

早朝だからか、見ての通り船内はガラガラ。

我が家を入れて4組だけ…。
658.jpg

浴衣は岡重さんの八咫烏(やたがらす)柄。

水色を以前から「欲しいな~」と思って眺めていたのですが、めちゃくちゃ好みのカラフル水玉柄を発見したので、思わずポチッ
644.jpg

熊野に是非とも着て行きたいですね~

帯は、手作り半幅帯を適当にぱたぱたと。
645_20160930014605ceb.jpg

家にあったシフォンの端切れをアクセントに。
648.jpg

船の前で。

だいたい50分程の航路でした。
662.jpg

逆光~
663.jpg

10:00『十和田湖』を出発し、13:30『龍泉洞(りゅうせんどう)』へ。
677.jpg

前回の記事から時間があいてしまったのは、台風10号での岩泉町の洪水があまりに大変な事態になっていたので…。

未だに避難所で生活されている方が沢山いらっしゃる中、「書くのはどうか、もし、その方々の目に触れたら辛いかも…」と考えていました。

しかし、「あの素晴らしい『龍泉洞』を、また再建して欲しい、そして、その時はまた是非拝見しに行きたい」、そして、私のブログを見て下さる方に、「いつか行ってみたい」と、1人でも多く思ってもらえたら良いなと思い、応援の気持ちを込めて書かせて頂きます

この日の龍泉洞は、カンカン照りでとても暑かったです。

龍泉洞観光会館の駐車場を利用。

500円分の食事券付きで入場券が1250円で販売していました(250円引きになる)。

「それならば」と、早速購入し、2階にあるレストランへ。

我が家は『流し蕎麦』をいただきました。こちらの水は龍泉洞の水を使用しているそうです。

珍しい物好きな私は、『岩魚の寿司』のセットをチョイス。旦那はいつものカレー(笑)

食いしん坊の息子も、しっかりと一人前食べますよ~
673.jpg

岩魚のお寿司は、新鮮でないと食べることができないそうです。川魚好きな私、本当に美味しかったです~
675.jpg

お水がめちゃくちゃ冷たくて、すっきりとした後味

昭和60年には、名水百選に選ばれた美しい地底湖の水も有名です。
679.jpg

龍泉洞は日本三大鍾乳の一つで、国の天然記念物に指定されています。

観光用で公開されているのは約1.2kmですが、実際の全長は5km以上もあると言われており、洞窟中の高低差は249m、その地底湖は8つもありまだまだ調査しつくされていないそうです。
681.jpg

入り口の辺りは26℃ですが、龍泉洞から離れた所は30℃くらいでした。
683.jpg

それなのに、洞窟中へ一歩入ると鳥肌が立つ程。

上からは滴がポタポタと垂れてきて、大げさではなくかなり寒いです。

少し歩いて、階段を上って降りてとすると寒さは気にならなくなってきますが、 上着を持っていくことを強くオススメします。
686.jpg

こ~んな狭い道も…
689.jpg


低い道もあります。頭上注意
694.jpg

ブルーの透き通る水が、本当に綺麗…。
693.jpg


洞窟内の歩道は、歩きやすく綺麗に整備されていました。しかし、洞窟という性質上どうしても滑りやすいので、特に子どもや高齢の方は注意が必要です。

カラフルなLED照明で照らされていました。
695.jpg

地底湖は美しさに圧倒されます。

深さを感じさせない透明度は素晴らしく神秘的です。

我が家の安物カメラでは、その美しさを十分にお伝えできなくて残念
703.jpg

こちらも地底湖です。

横に少し数字が見えている通り、温度10.7℃、湿度99.0%。

かなり下のほうへと来ました。
715.jpg

下の2枚は、同じ場所からの写真です。

フラッシュ無し
706.jpg

フラッシュを焚くとこんな感じ

わかり難いですが、フラッシュ無しの写真のボヤ~っとしている部分は全て水なのです

凄い透明度でしょう
707_20161003005129f9c.jpg

さらに、階段を上ったり、降りたり。

奥へ行くほどこのような急な階段が多くなるので、注意が必要です。
723.jpg

上から見た地底湖。
726.jpg

外へ出て、洞窟内の気温になれていた身には、暑さがなおさらに堪えます。

龍泉洞横のカフェ『Ponte(ポンテ)』で販売している『初恋ソフト』に舌鼓。

本当に天気が良い日だったので、購入して外で待つ3人の所へ持っていくまでに、ダラダラと溶け始めてしまい焦りました(笑)

ヨーグルト味のソフトクリーム。

『初恋』は『ヨーグルト味』(笑)

とても美味でした
729.jpg

15:40『龍泉洞』を出発し、一路宮城へ。

20:00古川ICを下りて、その日予定していた家族風呂へTELするも、既に予約で一杯とのこと。

鳴子等へに行くと家族風呂があったのですが、時間的にも、次の日の行程的にもイマイチ。

う~ん、青森だったら、24H営業の家族風呂や、そこまでではなくとも遅くまで営業している家族風呂が点在していて、困らなかったのにな~。

宮城に着いた途端、色々と難題が。

特に仙台市内は、車中泊や休憩場所、お風呂に困りました。

残念なことに仙台市内は、キャンピングカー向きではない様子。仙台育ちの私としては悲しい限り…

仕方なく、急遽古川でお風呂を探して、漸くスーパー銭湯『極楽湯』を発見し、入浴。

料金は、大人560円、2才以上250円。初めて息子も料金がかかってしまった…(笑)

女性の脱衣所には、ベビーベッド程きちんとした物ではありませんが、赤ちゃんを乗せて服の着脱ができる簡易的なオムツ交換台のような物がありました。
730.jpg

22:00『極楽湯』から10分くらいの場所にある、『道の駅 三本木』到着。

車中泊の車は30台程が既に駐車していました。

体感温度としては肌寒く、窓は閉めたままで休めました。

~6日目に続く~



1日1クリック、応援頂けると嬉しいですっ
他の面白い着物ブログもこちらからご覧になれますので、どうぞ~
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/10/03 ] 着物で旅行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizutamaneko8787.blog.fc2.com/tb.php/135-0954a3e1








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。