2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

青森ねぶた祭り、子ども衣装を作ってみました&五所川原佞武多の子ども衣装も準備!

題名の通りです!

東北を離れてからは、とんとご無沙汰して久しい、大好きな『青森ねぶた祭り』に参加してきました

そして、購入するとなかなか良いお値段がするので、できるだけお安く!と、青森ねぶた祭りの子ども衣装を手作りしました

身丈が短い子ども着物を探し、色々と小細工を…(笑)



まずは息子用から。

たぶん、1~2才児の浴衣。小錦柄(笑)
DSC_2227.jpg

腰紐がかなり上になっているので、腰紐を下に付け直し、その紐を通す為に身八つ口を広げました。

そして、実に適当に縫い止める(笑)

解けなければいいのさ~
DSC_2230.jpg

そして、思い切って袖を短くチョッキン
DSC_2232_convert_20160812123532.jpg

そして出来上がりは、こんな感じに
007_201608121203436d5.jpg

市販のねぶた子ども衣装を参考に、たすき掛けの代わりに赤い布を縫い止め、裾にチラ見せ襦袢風にピンクの布を縫い付けました。

背中はちょっと工夫して、切った袖の余りで輪を作り、それを背中心に縫い付け。

ここで、赤い布をリボン結びにし、鈴を付けようかな~と。
008.jpg




次は娘用を。

息子よりも一回り小さいくらいの甚平さんを利用!
DSC_2229.jpg

息子用の時とは逆に、紐の位置が下過ぎるので上に付け直し、袖は内側に縫い縫い

そして、出来上がりは、こんな感じに
001_20160812115808d75.jpg

息子用と同じように、たすき掛けの代わりに袖に赤い布を縫い付け。

ただ、息子とは違い抱っこ紐で参加なので、裾のチラ見せ襦袢風の代わりに、かぼちゃパンツにしてみました

かぼちゃパンツの内側のゴムが入っている部分は、100均のバイアステープで。
002.jpg

背中心には、息子と同じようにリボン結びをする為の輪を縫い縫い
005_20160812115812642.jpg

そして、背中のリボン結び用の赤い布をチクチク。
011_20160812115915fee.jpg

腰に巻くシゴキもチクチク。

左が娘用、右が息子用。
009_20160812115912fa2.jpg

娘用のは、マジックテープで腰に巻くタイプにしました。そして同布で輪を作り、右の腰に来るように縫い縫い

そこに、黄色い布をリボン結びしようと
010_20160812115913009.jpg

あと、時間が余ったので、祭りの手ぬぐいで、息子&娘の帽子を作成
012_201608121159160ae.jpg

バンダナキャップの要領で、サイズだけ適当に子ども用にしてみました
013.jpg

大人用は、作るよりも中古で購入した方が安かったので、それに色々と手持ちの小物を足して、こんな感じに準備
017_20160812120007ccb.jpg

草履と、草履を止める為の布も用意。
018_20160812120008a3f.jpg

バイアステープを買いにダイソーに行った際に、隈取り柄のこんな手ぬぐいがあったので、ねぶたっぽいので購入してみたので…
027.jpg

ついでに、余った布や家にあった物で、ハネトとして踊る際に首から提げる『ずた袋』のような小物入れも作成。
028.jpg

内側は、バイアステープの残りを有効活用!
029_20160812120130e6a.jpg

8月6日に青森ねぶたに参加し、7日に五所川原佞武多を見る予定でしたので、その衣装も準備してみました~。

息子用はしっかりとお祭り衣装。

苺柄の鯉口シャツに、股引き、腹掛けで
025_201608121200133d5.jpg

コレを着ていたら、本格的過ぎたのか、「頑張って踊って来てね~」と、度々声を掛けられました(笑)




娘用は迷っていて、気温で決めようと2つ準備!

一つは、息子に合わせて黒っぽいお祭り衣装風。
020_20160812120010dc8.jpg

もう一つは、これまた本格的に鯉口シャツにダボズボン風かぼちゃパンツ
021.jpg

そして、帽子を作った余りの布で、金太郎風の腹当も作ってみました。
032.jpg

裏は、隈取り手ぬぐいの残りを利用。
034.jpg

そう、私、普段は超適当で大雑把なくせに、やる時はとことん突き詰めてやってしまうタイプ。

あぁ、ここがオタク気質なのね…。

そして、友人は誰もが認める、大のお祭り好きでして…(笑)

このように準備万端にして、東北の夏祭りへ参戦したのであります

着姿は、こうご期待



夏になったので、枝豆が美味しい季節。

とうもろこしと枝豆は、皮がついたまま、枝に付いたままが美味しい

枝豆2束分で、コレくらいのずんだができますが、これまた甘い物好きの旦那に好評で嬉しい!

褒められると、調子に乗って何度も作ってしまうのですよね
DSC_1783_convert_20160812121015.jpg

1日1クリック、応援頂けると嬉しいですっ
他の面白い着物ブログもこちらからご覧になれますので、どうぞ~
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/08/12 ] 手作り | TB(0) | CM(2)

ビバ!手作り~~

水玉nekoさん、こんにちは
わ~すご~~い、可愛いーー(^^)。テレビのニュースでちらっと見るくらいで良く知らないけど、
こんな装束なんですねー。小錦浴衣、よくありましたねー(^o^)。私も上の2人が小さい頃、法被下に
着るシャツをてぬぐいで縫いました。あげちゃってないけど、とっとけば良かったな~~
レポも楽しみです♪
[ 2016/08/13 21:00 ] [ 編集 ]

Re: ふでぺん様

ふでぺんさん、こんにちは(*^^*)
コメントありがとうございます。

ねぶた祭り、大好きなのですよ~♪
単品で見るとちょっと派手な衣装なのですが、実際はもっと派手な方が沢山いるので、完全に同化します(笑)
「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」とは、別のお祭りの事ですが、ねぶた祭りもまさにそんなお祭りなのですよ~!!
ふでぺんさんは、法被下のシャツを手作りされたのですね!
洋裁は高校の家庭科以来したことないですが(スカートを作った)、シャツも良いですね~。
今回五所川原ねぷたの方の鯉口シャツは購入したものですが、次は作ってみたいな~なんて思いました♪できるかしら??
[ 2016/08/15 00:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizutamaneko8787.blog.fc2.com/tb.php/127-3c56ed2d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。