2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06







ひな祭り~初節句~

娘が生まれてから、早くも14日が経過しました。

昨日は早々と初節句となりまして、本来でしたら「自分も着物を着て~」と、色々と計画していたのですが(その為の『ひな祭りコーデ』も既に準備していたのに…)、予想外に出産が3月近くになり、まだ着物を着る余裕が私に無いので、娘だけ着て貰いました

調べてみると、『明治神宮制定の人生儀礼』では、お節句の前3週間以内に生まれた赤ちゃんの初節句のお祝いは、翌年に行う事になっているそうです。

しかし、あまり気にしない我が家は、「お祝いは多いほうが良いよね!」と、今年も桃の節句のお祝いを行いましたよ

雛人形は、我が家の住宅事情と、やんちゃ盛りの2歳の暴れん坊将軍がいるので、今回購入は見送り。

代わりに『つるし雛』を購入してみました。

しかし、このつるし雛、購入しようと調べてみると、意外とお値段張るので驚き…

1つ1つの飾りに意味があるらしく、昔は雛人形を購入できない事情のお家の方が、自分で手作りしていたそうです。

今は手作りキットや作り方の本が出版されているので、凄く可愛いし、「いつか私も作る事ができたらいいな~」なんて調べながら思いましたが、不器用で怠け者の私はきっと、それらを買って満足し、途中で早々とやめてしまう事でしょう。ほぼ間違いなく。

自分を知るという事は大切な事です。なぜなら、今までに購入した手作りキットと本の山が、既に我が家には沢山あるのですから。

これ以上、お金と時間の無駄は避けるべきでしょう。

そして、もしかして息子が保育園で何か作って来ないかな~と期待もしておりまして。

そうしたら予想通り、可愛いお雛様を作ってきましたよ~
029.jpg

つるし雛と息子・作のお雛様で、可愛いひな祭りができました
035.jpg

林先生曰く、明日3月5日は二十四節気の啓蟄(けいちつ)なのだそうです。

『啓蟄』とは、冬眠していた虫が穴から出てくる頃との事。『虫』という漢字は蛇をかたどった象形文字で本来は蛇を指していたそうですが、その後『蟲』という漢字と混化して『蛇より小さい小動物』を示すようになったそうです。
林先生、朝から勉強になりました

話はそれましたが、『啓蟄』は『雛人形を片付けるのに良い日』だそうです。

因みに、『雛人形を飾るのに良い日』は、地域やご家庭によって色々とあるようですが、二十四節気の『雨水』が良いそうです。

『来年の事を言うと鬼が笑う』と言いますが、今年は出産でそれどころじゃなかったけれど、来年は雨水から飾ってみようかな~。
あと、来年はもっとひな祭りらしいご飯にしよう

私が小さい頃、祖母に作って貰った麹ともち米から作る、手作りでノンアルコールの甘酒、美味しかったな。

冷蔵庫で冷やして水で割ったり、暖めてお湯で割ってよく飲んだな。本当に美味しかった~

祖母の作るちらし寿司も、はまぐりの潮汁も大好きでした!

子ども達にも、こういう思い出を沢山作ってあげることができると良いな

目標は高らかに


1日1クリック、応援頂けると励みになります
他の面白い着物ブログもこちらからご覧になれますので、どうぞ~
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2016/03/04 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

ちいさ~~~ぃ♪

水玉nekoさん、こんにちは
そーなんですか!ひな人形のお片づけ、致しますです~~(^o^)
お兄ちゃん、グッジョブ!
ほーんと小っちゃくて可愛いですね~~~♪
お雛様、来年ですとお着物も着られるだろうし、楽しみですね!

私は3月生まれなのにそれらしきお人形もなかったし、お雛様のお祝いも一切ない家に
育ったので、憧れやったんです。いい年して初めてお雛祭りパーティーを楽しみましたよ。
つるし雛は思いのほか高価ですよね。買うなら作りたいですが私も二の足を踏みました。
きっと疲れて楽しめないだろうし、お古のお雛様を安価で譲って頂いたので満足。

しみ抜きに出すほどでもないモノでしたら、ワイドハイターやる価値あると思います。
元のシミ画像を撮っておけばよかったな。。。(^^;
[ 2016/03/05 14:04 ] [ 編集 ]

Re: ふでぺん様

ふでぺんさん、こんにちは(*^_^*)
コメントありがとうございます!

我が家も、ちゃんとしたおひな祭りはしていなかったのですよ。
ただ、祖母が食いしん坊の私の為にご飯はひな祭りメニューを作ってくれていましたが(笑)
特に甘酒が大好きで、ひな祭り以外の時も度々作って貰っていました!
麹を新聞紙の上で、祖母と一緒にパラパラにほぐしたり…そんな思い出が蘇ります。
楽しかったな~♪

つるし雛、やっぱり作ってみたいな~。やって無理かしら??
こうやって、作っていないキットばかり溜まってしまうのだろう…。
ふでぺんさんのお宅のお雛様、とても素敵ですね!
私は受け継ぐようなお雛様ではなかったけれど、私が幼稚園の時に作った牛乳パックと紙粘土のお雛様を祖母がきちんととっておいてくれて、それを飾ってくれていました。
親になると、そういった子どもが作った物をとっておいてくれた祖母の気持ちがわかります。
でも、実際にとっておくのは大変ですし、今になって有り難さや嬉しさが込み上げてきますね~(o^^o)
何度か引っ越しするうちに何処かへいってしまったけれど…(T_T)
つるし雛もですが、お雛様も高価で驚きますね!
ふでぺんさんのお雛様、思い出と共にお孫さんへ是非受け継いでいって欲しいな~と、思いました。
着物もそうですが、古い物を大切に受け継ぐって難しいけれど、大人になってから懐かしくなるので…。
[ 2016/03/09 16:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mizutamaneko8787.blog.fc2.com/tb.php/100-8bdc2f8d