2016 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 01







家族で着物♪息子の七五三参りへ行って来ました

11月に予定していた息子の七五三参り、ウィルス性腸炎やらRSやらで延び延びとなっていましたが、先週の日曜日にようやく行くことができました。

お参りしたのは、いつもの平塚八幡宮。

いつもの三脚で、集合写真です
031_201612211226152e6.jpg

息子は、手作りの被布を気に入ってくれたみたいで、良かった~
DSC_0928.jpg

後ろ姿は、こんな感じ。
DSC_0935.jpg

着物は、アイボリー地に鶴や松のお目出度い柄のアンティーク。
DSC_0941.jpg

着物大好き息子は、終始ご機嫌でした
DSC_0950.jpg

娘は、手作りのヘアバンドがズレまくっています(笑)

娘の着物は、神社に着いてから車の中で着せたのですが、帯代わりにしようと思っていた帯揚げを忘れてしまったのです…。

でも、あまり違和感ないかな

本当は娘にもアンティークを着てもらおうと思ったのですが、何でも口に入れてしまう&涎が多いので、断念。

洗えるレトロ柄の綿着物にしました。
DSC_0960.jpg

私は何を着ようか迷った結果、やっぱりいつものアンティーク着物で。

季節柄、落ち着いた色にし、派手になり過ぎないながらもお目出度い柄を…と選んだ着物ですが、どうでしょう

牡丹と孔雀のアンティーク色留袖×市松織り出しの袋帯です。
DSC_0969.jpg

薄い紫の刺繡半襟に、孔雀の羽色に合わせたターコイズブルーの伊達衿を。

帯揚げと帯締めは、あの苦労した手作りの品です(→『丸ぐけ作り、失敗しました…(泣)』参照)
DSC_0975.jpg

そうそう、失敗した極太&短い帯締め、出来上がりを見た息子。

「何、それヘビ」と、母の気も知らず、悪気なく問うので、開き直って「ヘビだぞ~~っ」と、ウネウネしたらもの凄く受けまして、それ以来、息子と娘のヘビ型おもちゃとして活躍しております

着物の柄はこんな感じ。所々に刺繡が入っているところと、孔雀が綺麗なブルーなところが好き
DSC_0976.jpg

ちょっとピンボケしていますが、後姿も。
DSC_0970.jpg

帯は現代物の袋帯です。

袋帯をあまり持っていなかったので、今回七五三の為に購入しました。

今後、子どもの行事等で使うことも多いだろうと、何にでも合うようにシンプルな市松模様をチョイス。
DSC_0973.jpg

草履は、数が無いので今回も豆さんの水玉模様。

今後のため、白の草履も欲しいな~。
DSC_0967.jpg


1日1クリック、応援頂けると嬉しいですっ
他の面白い着物ブログもこちらからご覧になれますので、どうぞ~
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/12/21 ] 着物でお散歩 | TB(0) | CM(6)

モガコーデで、『ひみつの花園』クリスマスパーティーへ行って来ました

ちょっと小話ですが、先日あすかさんのブログで、あすかさんのお子さんの通っている幼稚園の餅つきがあったそうで、そのお餅はついたあとはどうも廃棄されて、園児は別に用意したお餅を食していてやりきれない、といった話があったのですよ。

「は、廃棄」と、かなりショックを受けまして、少し書いてみようかな…と思いました。

『子どもに沢山の経験をして貰いたい』のも、『ウィルス性腸炎が流行っている中で、子どもに食べさせるのはどうか』といった理由もわかるのですが、やはり、基本食べ物は無駄にしてはいけないと思うのです。

特に子どもは『食育』や『命の尊さ』を学んでいかなければいけない中で、大人がお手本を見せねばいけないのではと思います。

『きっちりと熱を通して大人が食す』や『理由を話した上で衛生の大切さを学ぶ機会とし、今年は中止する』等、色々と工夫できたはず。

いやね、ちょっと違う話なのですが、私の保育園でも「どうかな~」と思う出来事がありまして。

息子の保育園では、年少組から主食は持参する事になっていまして、いつもお弁当箱にご飯を持っていきます。

8月頃、その日はたまたま冷凍の白飯が切れている事に気付かず、前日食べた豆ご飯を入れていきました。

そうしたらば、「主食は白い物にしてください。白いご飯が無ければ、食パンでも良いです。今回は給食から分けました。今回のご飯は自宅で破棄して下さい」と先生に注意を受けました。

「え主食は白い物なんて初めて聞いたし、家で破棄してだって」と、ちょっとショックを受けました。

夏場じゃなければ何とか食べる事ができたのかもしれませんが、あいにく暑い8月。

手付かずの豆ご飯を見て、ゴミ箱に捨てて、悲しくなりました…

息子に「それ捨てちゃうの」と聞かれ、何も言えなかったです。

『主食は白い物』という決まりがあるのでしたら(知りませんでしたが。主食持参としか記入が無い)、「次はダメですよ」でも良いと思うのです。

おばあちゃん子の『もったいない』精神で育った私は、かなり疑問に思いました。

『お米一粒には、七人の神様がいるんだよ』と教えて貰い、息子にもそのように伝えていたので、やりきれません…。

マニュアルも大切かと思いますが、もう少し色々と融通を利かせて欲しい所です。

食べ物だけではなく、何だか最近、物を捨てすぎるように思えて仕方ありません。

自分も気をつけていかねば…、と、思う出来事でした。





さて、話はガラッと変わりまして、先日『ひみつの花園』のクリスマスパーティーへ参加してきました。

まさか、抽選で当たるとは思っていなかったので、嬉しい反面、かなりドキドキ…

誰とも話しができなかったらどうしよう…と不安になりながら、行って来ました。
DSC_0777.jpg

最初は、なかなかお話できず、食べまくり、写真を撮りまくる(笑)

このクリスマスツリーが、めちゃくちゃ可愛いのなんのって
DSC_0786.jpg

フレーム系があれば迷わず顔を入れてみる
DSC_0775.jpg

隅の方で『蚤の良心市』というのがありまして、最初は混んでいたので見れませんでしたが、空いた頃に行ってみると素敵な帯がありました
DSC_0918.jpg

値札を見ると、なんと2000円

どなたの出品かな~と見てみると、なんと恐れ多くも重宗玉緒さんでした。

そして、一緒に写真まで撮って頂きました
DSC_0783.jpg
もう、このデザインやセンス、本当に天才だと思う。

レトロデザインが素敵なシスター社さんも。
DSC_0784.jpg

会場をウロウロしていましたら、偶然家が近くという皆さんと仲良くなりまして、お話している内にこのブログを知っていらっしゃるとの事で、驚き&嬉しさで一人ワタワタしておりました。

ブログやってて、良かった~
DSC_0779.jpg

帰りは、同じ電車で帰りました。ボッチ参加でしたが、沢山お話できて、嬉しかったです
20161216233719.jpg

なんとこのヘッドドレス、手作りなのだそうですよ~素敵
20161216233802.jpg

クリエイターのらいちむさんとも、沢山お話させて頂きました
DSC_0794.jpg

パンダコーデが、とても可愛かったです。

この帯留めも手作りだそう。偶然にも、この日の参加者の名札もパンダで、まさにパンダ尽くし
DSC_0788.jpg

靴のヒールもパンダこの靴、欲しいデス(笑)
DSC_0770.jpg

そして、自己紹介の時間に「さのっちです」と聞こえたもので、もしかして…と話しかけてみましたら、ブログで度々拝見するさのっちさん本人でした

キャーキャー言いながら、一緒に写真を
DSC_0789.jpg
ブログのおかげで沢山の方とお話できて、本当に嬉しかったです

そんなさのっちさん、強運の持ち主でして、一つ余ったプレゼントを勝ち抜いてゲットしておりました

私はこちらの髪飾りが当たりました
DSC_0916.jpg

そして、ひと際キラキラした空間が

それもそのはず、真ん中のお二人は、ベストドレッサー賞の1位&2位の方でした。
DSC_0780.jpg

ワタクシも、恐れ多い事ですが3位を頂きまして、同率3位の方と一緒に撮って頂きました。
DSC_0795.jpg
賞品のブーツには、懐かしいお菓子がいっぱい詰め込まれていて、息子は大喜びでした。

特に、初めて『ドンパッチ』を食べた時の驚きようといったら(笑)

こちらのお二人、偶然ですがデコっぽい姉妹コーデで、とても素敵でした
DSC_0792.jpg

この日は『モガのクリスマス』コーデを目指しました

モダンガール柄の紬の訪問着×唐人お吉のモスの名古屋帯です。
DSC_0760.jpg

帯締めは、先日作った丸ぐけです(→『丸ぐけ作り、失敗しました…(泣)』参照)

ついでに、半襟、帯揚げも作ってみました。
DSC_0765.jpg

後ろ姿。

帽子は、赤に緑の水玉模様のレース&コットンパールが付いているものを。クリスマスカラー繋がりで

あ、写真を撮っていませんが、バッグもクリスマス&モガ繋がりで、緑のパリ柄を。
DSC_0762.jpg

帯は、アンティークのお気に入り
DSC_0764.jpg

羽織も、モガがダンスしているような、バレリーナ柄を合わせました。

襟元は、緑のファーティペット。そして、白の大きめの丸いイヤリングを
DSC_0768.jpg

後ろはこんな感じ。袖丈合っていませんが、気にしないで下さい(笑)
DSC_0769.jpg

足元は、帯まわりの手作り品と色合いを合わせて、黄色の豆さん草履&黒地に白のレース足袋で。
DSC_076432.jpg

この翌日は息子の七五三を予定していましたが、この日の夜に、まさかの娘の熱発が…。

インフルエンザは陰性でしたが、RSとの診断でした。

5日間、39℃台から熱が下がらず咳も続いていましたが、何とか今週末は落ち着いたので、昨日ようやく七五三ができました。

と言う訳で、次は息子の七五三記事です



1日1クリック、応援頂けると嬉しいですっ
他の面白い着物ブログもこちらからご覧になれますので、どうぞ~
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

[ 2016/12/19 ] 着物でお散歩 | TB(0) | CM(4)

丸ぐけ作り、失敗しました…(泣)

題名の通り、失敗してしまったんです…。

まずは結果から見ていただきましょう
DSC_0798.jpg

このままだと、何が失敗か判りづらいと思うので、10円玉と比較。

さらに、結んでみました。
DSC_0800.jpg

そう、短い上に太いのです

どうしてこうなったこうなったかと言いますと、理由は3つ
①布をケチった
②ループ返しの使い方を間違った
③途中でおかしいと思っても、そのまま最後までしてしまう私の性格

まず①についてです。あ、言い忘れていましたが、帯揚げもセットで作りました。

丸ぐけ5×160(cm)、帯揚げ20×140(cm)いるのですが、今回購入した布(縮緬)は70cm幅で96円でしたので(10cm単位の販売です)、本来なら60cm購入しなければいけません。

しかし、布が少し余るのがもったいないように感じて、「まぁ、丸ぐけは140cmでも良いんでない」と考えて、50cmしか購入しませんでした…。

そして、届いた50cmの布を、帯揚げに使用する分として20(cm)×2を最初にカットしてしまったのです。

そう、布を購入した事がある方はご存知かと思いますが、お店で布は予備分として少し多めにカットされるもの。

なので、40cmカットした残りが10cmであるはずがなく…結果、短く太い丸ぐけとなりました

でも太さの異常に気付くタイミングはあったのですよ。

今回の丸ぐけ、中はこのダイソーで購入した超極太の毛糸を使用しました。
DSC_0850.jpg

中に詰める際に、この毛糸を1玉半も使用しました。

その時「これ、ちょっと太いかも…」と疑問に思いましたが、「まぁ、なるようになるか」と、そのまま詰め込んでしまいました。これが、失敗の原因の③です。

こんな変てこな丸ぐけですが、見た目に反して、作成にかなり時間がかかっております。その時間、なんと5時間

失敗の原因②、ループ返しの使用を間違ってしまいました。

今回使用したのは、このクロバーのループ返し
DSC_0851.jpg

適当に斜め読みして、「中芯を通す場合は…フムフム…」と、セロテープで隅を括ったまでは良いのですが、最初に書いてある方法で無理やり通してしまったのです。
rakugaki_20161215114124711 (2)
これで、貴重な土曜日の5時間を無駄にしてしまった…。しかし、1番の被害者は、5:30~10:30まで家事&子守を押し付けられていた旦那である事は間違いない。ごめんよ、旦那。

この間違いに気付いたのは、完成した後。そりゃあもう、どっと疲れが出ましたよ…。

しかし、そのままじゃあ何だか悔しいので、もちろんリベンジしました。

そして、完成したのがこちら
DSC_0801.jpg

20cmだけの購入でしたので、送料だけが2倍かかった事になります。あぁ、最初からケチケチしなければ良かった。

ループ返しも正しい方法で使用したところ、中芯を入れるのに5分もかからなかった事にさらに疲れが増しました。あの5時間は何だったのでしょうか。

今回はしっかりと5×160(cm)で作ったので、継ぎ目は2ヶ所になりましたが、使い心地が良さそうです。

上の毛糸も、5本(約1/2玉)で済みました。

なんだか、とっても損した気分…。

そして、簡単に作れる事に調子に乗った私、ついでにこんな丸ぐけも作成。

こちらは市松柄の縮緬の幅が大きかったので、継ぎ目は1ヶ所です。
DSC_0803.jpg

継ぎ目は帯の中に隠れるので、目立たず良い感じ。

早速使用してみたので、その記事は次回

さて、もうすぐクリスマス。

息子が保育園で『松ぼっくりツリー』を作成してきました。

「取れちゃうから、そ~っと持たないといけないんだよ」と、かなりソロソロ歩きで、大事に大事に持ち帰って来ました
DSC_0817.jpg

1日1クリック、応援頂けると嬉しいですっ
他の面白い着物ブログもこちらからご覧になれますので、どうぞ~
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

[ 2016/12/15 ] 手作り | TB(0) | CM(0)